不動産コラム [あるある賃貸]

1.そもそも信頼できる不動産屋は存在するのか

これは誰でも、不動産物件の売買や賃貸などの取引きをしようと考えている方なら誰でも気になるところといえますが、信頼できる不動産屋などは存在するのか、そういった素朴な疑問が多いのもわかる感じがします。

事実、情報公開をしている不動産屋や業者などの多くは、紙面での物件情報誌やインターネット上の公式サイトなどを運営をしたりして、自らが扱う不動産関連の情報の掲載をそれらにおいてしていたりしますが、それらの情報の真実性や仕様の様子などは、実際に探している希望者本人が直接自らの目で確かめなければわからない面が確かにあります。

それに加えて、直接そうした目当てである物件の現状を確かめることができたとしても、問題はそれからだという実情があります。
内容的には問題などが無く、良い物件などではあったとしても、いざ賃貸契約の面での交渉とかの場合には、その賃料の仕組みや設定の内容などが敷金や礼金が無しなどと広告紙面あるいは画面上においては謳ってはいるものの、その分を賃料に組み込んで多く金額を希望者からの徴収をしていたり、あるいは光熱費免除のサービスなどを宣伝文句などでは記述をしてはいるものの、それとは裏腹に別の料金科目の額の徴収を多くするなど、事後において最初の契約内容とは違う内容の料金徴収とかを平気にしたりするような業者なども少なくは無いようですので、気を付ける面なども決して少なくはありません。

こうしたことなどからも、信頼できる業者などはいないような気が一見するとする感じがしますが、本当にそうでしょうか。
そこで、次にも触れるように、その探し方に何らかのカタチでの工夫が必要になってくるものとも考えられます。

2.各不動産業者が運営をしている公式サイトの活用方法

そこで、インターネットなどを実際にやっていたりする方とかには、せっかくのそのネット環境を活用をしたりしはしない手はありませんので、まずは売買での場合には、無料見積もりなどのサービスをやっている不動産専門サイトなどの活用がオススメかもしれません。

これなら簡単にわざわざ業者の担当者が直接査定をしたりあるいはプライバシー面においての何か見られたりすると支障があるような情報とかを見られたりするような心配などもありませんので、このような面を考えても大いに活用をしていくような余地はあると考えられます。

もう一つは賃貸の場合ですが、この場合では最初から表示をしてあるように賃料が決まっているような状態であり、それ以後になにかトラブルなどがあったりした場合でも、仲裁などに保証会社が入ってくれたりするようなメリットなどもありますので、こちらも大いに活用をしていくべき存在といえます。

そうしたことからも、まだインターネット環境などを整えたりしてはいない方などは、今からでもすぐに、インターネット環境を立ち上げ、これらのような不動産関連のサイトを活用して、トラブルなどが起きにくい交渉のやり方や取引環境の確保などへ着手をするべきと考えます。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sinkisyueki9/www/aruaru-osaka.biz/wp-content/themes/twentyeleven/content-single.php on line 42

こちらもおすすめ

なんばで安く部屋を借りる方法

家賃保証会社って絶対必要なの?

人気の保証人不要物件とは

賃貸契約の初期費用を安くする方法